ホーム / ニュース

セルフ潤滑油レス軸受の種類

   As a kind of solid lubricating oilless bearing, the inlaid self-lubricating bearing is based on wear-resistant metal materials, 自己潤滑の実現 by adding various lubricating materials to reduce the friction factor.


   With the development of industrial technology and the progress of science and technology, the performance and reliability requirements of bearings are becoming higher and more demanding, in some special and harsh working conditions. Such as: low temperature, high temperature, vacuum, underwater, heavy load, etc. Due to the failure of grease lubrication and the ineffective formation of lubricating oil film, traditional rolling bearings that rely on grease lubrication have been difficult to perform load-bearing and friction reduction. However, sliding oilless bearings that rely on solid lubricating materials for lubrication can still exert excellent performance in such an environment.


インレーデッドセルフベアリングは、固体潤滑ベアリングの一種です。耐摩耗性金属材料に基づいており,摩擦係数を低減し,自己潤滑を実現するために種々の潤滑材料を添加することによっている。この材料構造は、金属高負荷、良好な衝撃抵抗、非金属低摩擦係数の利点を組み合わせて、様々な作業条件で使用することができます。インレード固体潤滑軸受は、低速・中・高負荷に適しており、潤滑グリースがスイング、往復動、頻繁な始動・停止などの潤滑膜を維持できなくても、非常に低い摩擦係数を維持することができる。


インサート自己潤滑軸受の種類


1 .鋳鉄ベースのインレード自己潤滑軸受


鋳鉄インレーベアリングは,固体潤滑剤を埋め込むベース材としてht 250を使用し,代表的な材料節約製品である。圧力が14.5 N/mm 2以上であれば機械的性能が必要であれば、JDB−2材料の代替品として使用することができる。それは大幅にコストを削減し、使用の要件を満たすことができます。


例えば、金型ガイドポスト、射出成形機金型ベースその他のフィールドを使用することができる。


銅ベースのインレード自己潤滑軸受


銅合金インサート自己潤滑ベアリング(GB / T 23894 - 2009)は広く使用されている象嵌の自己潤滑軸受製品です。この材料構造は、金属の高負荷、良好な衝撃抵抗、および非金属低摩擦係数の利点と固体潤滑剤の自己潤滑性能を組み合わせて、様々な作業条件で使用することができます。


使用中に燃料を補給し、維持することは不要です。製品は、蒸気、機関車の生産ライン、水車、貯水池作業/事故ドア、プラスチック機械などの高負荷、断続的またはスイングの動きで広く使用されています。


3 .スチールベースのインレード自己潤滑軸受


スチールベースのインレード自己潤滑ベアリングは、高い圧縮性能を持つ強化された製品です。それは仕事の間、潤滑剤を放出することができます、そのため、1つの油潤滑より発作により抵抗力があるシャフトとスリーブの間に横隔膜が形成されます。


例えば:圧延機のサポート、クレーンのサポートが、水や酸ベースの状況で使用するためには適していません。