ホーム / ニュース

すべり軸受と玉軸受の違い

As an essential part of mechanical products, bearing plays an important role in supporting the rotating shaft. According to the different nature of friction in the bearing, the bearing is divided into ball friction bearing (referred to as ball bearing) and slide friction bearing (referred to as slide bearing). The two types of bearings have their own characteristics in structure and advantages and disadvantages in performance. When selecting them, comprehensive consideration should be given to the actual situation.



滑り軸受と玉軸受の簡単な紹介


滑り軸受は、摺動摩擦の下で働くベアリングに言及します操作滑り軸受は騒音なく安定かつ確実に作動する。液体潤滑の場合、摺動面は潤滑油によって直接接触することなく分離され、摩擦損失や表面摩耗を大幅に低減することができ、また、潤滑膜はある程度の振動吸収能力を有する。しかし、起動摩擦抵抗は大きい。軸受に支持されたシャフトの一部をジャーナルと呼び、ジャーナルにマッチする部分をベアリングブッシュと呼ぶ。軸受面の摩擦特性を向上させるため、内面に鋳造された摩擦材層を軸受ライナーと呼ぶ。ベアリングブッシュとベアリングライナーの材料は滑り軸受材料と呼ばれています。


Ballbearingは、摩擦損失を減らすために動く摩擦への実行しているシャフトとシャフトシートの間の滑り摩擦を変える一種の正確な機械的な構成要素に言及します。一般的に、ボールベアリングは、内輪、外輪、回転体とケージから成ります。インナーリングの機能はシャフトと一致し、シャフトで回転することです。外輪の機能は、ベアリングシートとサポートと一致することです。ローリング本体は、ケージの助けを借りて内側のリングと外側のリングの間に均等に圧延体を配布する。その形状、大きさと量は、ロールベアリング本体を均等に分布させ、回転させ、潤滑するために回転体を導くことができる。


相違点


1 .異なる構造


ボールベアリングは転動体の回転に応じて回転軸を支持する。接点部分がポイントです。より多くのローリングボディ、より多くの連絡先があります。


摺動軸受は、平滑面に応じて回転軸を支持し、接触部は表面である。


2 .スポーツ別


転がり軸受は転がり運動モードであり,滑り軸受は運動モードである。したがって、摩擦の状況は全く異なります。