ホーム / ニュース

すべり軸受の組立

滑り軸受は滑り軸受の一種で,安定した作動,信頼性,低騒音を特徴とし,重負荷や大きな衝撃荷重に耐えることができる。異なる構造形式によれば、積分型、分割型、タイル型に分けられる。


一体型滑り軸受の組立


Integral slide bearings are commonly known as bushings, and they are also the simplest form of slide bearings. They are mainly assembled by pressing and hammering. In special occasions, hot mounting is used. Most bushings are made of copper or cast iron. You should be careful, and you can use a wooden hammer or hammer to assemble the block. When the interference size tolerance is large, use a press to press in. Whether it is knocked or pressed, it must be prevented from tilting. After assembly, the oil groove and oil hole should be in the required position.


組立後に変形した軸受はトリムしなければならない。サイズを小さくすることは、リーミングによってカットすることができます、そして、より大きなものは掻き取られることができます。同時に、許容範囲内でシャフトとのマッチングクリアランスを制御するために注意を払う。シャフトスリーブが作動しているときにシャフトスリーブが回転するのを防止するために、シャフトスリーブとボックス本体の接触面には位置決めピンやシームスクリューが装備されている。ドリル加工時にボックス本体とシャフトスリーブの硬さが異なるので、ドリルビットを軟質材側に偏向させることが容易である。解決策:1つはドリルの前にサンプルで硬材をパンチすることであり、もう一つはドリルを増やすために短いドリルを使用することです。穴を開けるときのドリルビットの剛性。


(2)分割軸受の組立


スプリット軸受とも呼ばれるスプリットベアリングは、簡単な構造と便利な調整と分解の特性を持っています。二つのブッシュが茂みにセットされ、ガスケットがジョイントで使用され、合理的なギャップを調整します。


軸受ブッシュ及び軸受体の組立

上部及び下部軸受シェルは軸受本体の内側孔と良好に接触していなければならない。それが要件を満たさないならば、厚い壁ベアリング・シェルの内部の穴を基準としてください、そして、ベアリング・シェルの後ろをひっかいてください。同時に、軸受シェルの両端の段差を軸受本体の両端に近づける必要がある。薄肉のブッシュは、ベアリングブッシュの中間の分離面をベアリング本体の中間のパーティング面より約0.1 mmほど高くすることなく、スクレーピングすることなく必要である。


軸受本体に軸受ブッシュを設置し、ラジアル方向または軸方向に変位を許容しない。ベアリングブッシュの両端のステップは、通常位置決めを止めるか、位置決めピンを見つけるために用いる。


ベアリングブッシュの掻き取り

スプリット軸受のシェルは、一般的に一致するシャフトの研削ポイントを使用します。一般的には、まず、軸受シェルを掻き落として、軸受シェルを削る。効率を向上させるためには,軸受シェルを削ったとき,軸受シェルやカバーを取り付ける必要がない。現在の軸受シェルの接触点は基本的に要件を満たしているとき、上ベアリングブッシュと上カバーを密着して押圧し、上ベアリングブッシュが削られたときに下ベアリングブッシュの接触点をさらに修正する。ガスケットの厚さを削る回数を増やすことでシャフトの密着性を調整できる。ベアリングカバーを締めると、シャフトは明らかに隙間なく回転することができ、接点が必要条件を満たしたときに掻き取りが完了する。


軸受クリアランスの測定

軸受隙間の大きさは、中央の分割面でガスケットによって調整することができ、あるいは軸受ブッシュを直接擦ることによって得ることができる。軸受圧力を測定するためにリード圧法が一般的である。ベアリングギャップより大きい直径でリード線のいくつかの部分をとって、彼らをジャーナルとセンター分割面に置いてください。それから、センター分割面を圧縮するために、ナットを締めてください。その後、ナットを外してベアリングキャップを取り外します。平坦なリード線を取り出し、各セクションごとにマイクロメーターで厚さを測定します。リードクリアランスはリード線の平均厚さによって知ることができる。一般的に、軸受けのクリアランスはシャフト直径の1.5〜2.5 mm(mm)である。クリアランス値が小さい場合は、直径が大きい場合にクリアランス値が小さくなる。シャフトの直径が60 mmであれば、ベアリングクリアランスは0.09〜0.15 mmとする。