ホーム / ニュース

バイメタル軸受ブッシュの性能

バイメタルベアリングは、油のない潤滑ベアリングの一種です。この製品は、高品質の低炭素鋼に基づいており、表面に鉛錫青銅合金で焼結。高温焼結と高密度圧延の数回後,バイメタルは銅と鋼でできている。ストリップ材料からロールされて、それは中速と衝撃衝撃荷重を持つブッシングとスラストワッシャーのような様々な目的に適しています。

Since the base body is stable of low-carbon steel material, the machining accuracy of the outer diameter of the sleeve is guaranteed, bimetal bearing bushes do not need to be fixed by screws after it is installed in the seat hole, while the phenomenon of outer circle can be prevented by relying on interference fit. The change of the chemical composition of the inner surface alloy layer can meet the requirements of different bearing pressures, different operating temperatures, and different sliding speeds. The friction surface is designed with different structures of oil grooves and oil pockets in production to meet the requirements of different refueling methods and prevent shaft biting phenomenon. 

バイメタルベアリングブッシュは良好な耐摩耗性を有している。特に中速度、中負荷、低速、高負荷に適しています。特殊な技術的手段により、種々のオイル溝、オイルポケット、油穴を摩擦面で加工して潤滑条件の異なる用途に適応させることができる。バイメタルベアリングブッシュは、自動車エンジン、シャシー、オートバイクラッチ、ギアポンプワイパーと持ち上げ装置で広く使われました。