ホーム / ニュース

オイルレス軸受のメンテナンス方法

oilless bearing manufacturer in China



軸受は機械的伝達の過程で負荷摩擦係数を修正・低減できる部品である。主な機能は,機械的回転体を支持して,伝達過程における機械的負荷の摩擦係数を減少させることである。移動要素の異なる摩擦特性により,軸受は転がり軸受と滑り軸受に分割できる。


In order to ensure the smooth and reliable operation of most bearings, most of them add lubricating oil for lubrication. The purpose is to reduce the internal friction and wear of bearings, prevent burning and sticking, prolong the fatigue life of bearings, discharge friction heat or heat from outside, and the oil film also has certain vibration absorption capacity. However, one of the biggest disadvantages of adding lubricating oil is that it needs good sealing performance, otherwise it will cause leakage, and some equipment with special requirements do not allow the leakage of lubricating oil, so people use other lubricating materials to replace lubricating oil and invent oilless bearing bushing, which not only has the advantages of bearing with lubricating oil, but also eliminates the environmental pollution caused by leakage.


what is oilless bearing


金属軸受とオイルフリー潤滑軸受の特徴を持つ新タイプのベアリングそれは金属マトリックスによってロードされて、特別な式で固体潤滑材で潤滑されます。耐荷重性,耐衝撃性,耐高温性,強い自己潤滑性の特徴を有する。特に、重負荷、低速、往復動、スイングの際には、油膜を潤滑し、形成することが困難であり、水侵食や他の酸侵食や侵食を恐れない。


オイルフリー軸受の利点はよく知られている。すべてのマシンは滑らかな操作のためのいくつかの種類のベアリングを使用する必要があります。オイルフリーベアリングは軸受と軸受の特徴を持つ軸受である。それは金属マトリックスによってロードされて、特別な式で固体潤滑材で潤滑されます。耐荷重性,耐衝撃性,耐高温性,強い自己潤滑性の特徴を有する。特に、重負荷、低速、往復動、スイングの際には、油膜を潤滑し、形成することが困難であり、水侵食や他の酸侵食や侵食を恐れない。


オイレスベアリングブッシングの耐用年数を延長するためには,無潤滑軸受の保守を行う必要がある。次に,無潤滑軸受のいくつかのメーカは,無潤滑軸受の保守方法を導入した。


China oilless bearing with wholesale price


オイルレス軸受のメンテナンス方法


Oiless Bearingsinの本来の機能をできる限り維持するためには,事前に事故を防止し,運転の信頼性を確保し,生産性,経済性を向上させるため,保守点検が必要である。メンテナンスは、マシンの操作の前にスケールに従って実行する必要があります。内容は、運転状態を監視し、潤滑剤を追加または交換し、定期的な解体検査を含む。作動中の点検項目として,オイルベアリングの回転音,振動,温度,潤滑油状態があるかどうか。


オイルレス潤滑


動的弾性油フリー軸受の潤滑の目的は,オイルフリー軸受の内部摩擦と摩擦損失を低減し,燃焼及び付着を防止することである。潤滑効果は以下の通りである。


摩擦熱と冷却の放電


油は、摩擦によって発生する熱を除去するために使用することができます、または外から熱、それを冷却することができます。油フリー軸受の過熱防止とそれ自体の潤滑油の老化


疲労寿命を延長する


動的弾性接触面が回転中に潤滑されている場合,油フリー軸受の動的および弾性疲労寿命は長くなる。逆に、オイル粘度が低い場合には潤滑油膜厚が良好でなくなる。


摩擦と摩耗を減らす


金属接触を防止し,リング,可動体,オイルフリー軸受の保持部の摩擦摩耗を低減できる。


その他


また、異物の侵入を防止する効果がある。


以上がオイルレス軸受のメンテナンス方法に関するものである。お手伝いしましょう。詳細については、無潤滑軸受のメーカーに注意してください。