ホーム / ニュース

インレーデッドセルフベアリング軸受タイプと使用

   Inlaid self lubricating bearing is a kind of solid lubricating bearing. It is based on wear-resistant metal materials and reduces the friction factor by adding various lubricating materials, and realizes self lubrication. This material structure combines the advantages of metal high load, good impact resistance and non-metal low friction coefficient, and can be used in various working conditions. Inlaid solid lubrication bearings are suitable for low-speed, medium-to-high loads, and can maintain a very low friction coefficient even when the lubricating grease cannot maintain a complete lubricating film such as swing, reciprocating motion, frequent start and stop.


インサート自己潤滑軸受の種類


1 .鋳鉄ベースのインレード自己潤滑軸受


鋳鉄インレーベアリングは,ht 250を基材として固体潤滑剤を使用する新製品であり,代表的な材料節約製品である。圧力が14.5 N/mm 2以上であれば、機械的特性が必要であれば、JDB−2材料の代替品として使用することができる。それは大幅にコストを削減し、使用の要件を満たすことができます。


例えば、金型ガイドポスト、射出成形機金型ベースその他のフィールドを使用することができる。


2 .銅ベースのインレード自己潤滑軸受


銅合金インサート自己潤滑軸受(GB / T 23894 - 2009)は、広く使用されている象嵌自己潤滑軸受製品です。この材料構造は、金属の高負荷、良好な衝撃抵抗、および非金属低摩擦係数の利点と固体潤滑剤の自己潤滑性能を組み合わせて、様々な作業条件で使用することができます。


使用中に燃料を補給し、維持することは不要です。製品は、蒸気、機関車の生産ライン、水車、貯水池作業/事故ドア、プラスチック機械などの高負荷、断続的またはスイングの動きで広く使用されています。


3 .スチールベースのインレード自己潤滑軸受


スチールベースのインレード自己潤滑ベアリングは、高い圧縮性能を持つ強化された製品です。それは仕事の間、潤滑剤を放出することができます、その結果、1つの油潤滑より発作により抵抗力があるシャフトとスリーブの間にダイヤフラムが形成されます。この機械の利点は、特に機械の支持部品に適している。


例えば:圧延機のサポート、クレーンのサポートが、水や酸ベースの状況で使用するためには適していません。