ホーム / ニュース

ベアリングの作り方?


ベアリングは現代の機械装置の重要な部分です。その主な機能は、機械的回転体をサポートし、運動の過程で摩擦係数を削減し、その回転精度を確保することです。


移動要素の異なる摩擦特性により,軸受は転がり軸受と滑り軸受に分割できる。


軸受は半径方向と軸方向の両方の荷重を受ける。それは高速で動作することができます。接触角が大きいほど軸方向の支持力が高くなる。ベアリングの作り方?


軸受製造・加工の基礎工程


1 .圧延要素(鋼球)製造基本工程


標題仮訳原料−冷間圧造−平滑研削−熱処理−硬質研削−予備研究−外観−微細研削


2 .ケージの基本製造工程(鋼板)


原料−切削材−切削リング−仕上げ−成形−成形−打抜きリベット穴


3 .リングの基本製造工程(内輪・外輪)


原料−鍛造−焼戻−焼入れ−焼戻−研削−組立


(1)鍛造加工:鍛造加工は軸受リングの初期加工であり、ブランク加工ともいう。


リング鍛造の主な目的は


(a)金属材料の利用率を向上させるため、原料を保存し、加工量を減らし、コストを低減する。


(b)金属の内部欠陥をなくし,金属構造を改善し,金属流線分布が合理的で,金属密着性が良好であり,軸受寿命が向上する。


鍛造法:一般的には、誘導炉、プレス、リーミングマシン、および成形機で、フローオペレーション用の装置本体を形成する


(2)焼鈍:リング焼鈍の主目的:高炭素クロム軸受鋼の球状化焼鈍は、後の冷間加工及び最終焼入れ及び焼戻のために準備されたフェライトマトリックス上に均一に分布する微細、小型、均一及び丸い炭化物粒子の構造を得ることである。


GCr 15 SiMnの基本的アニーリング過程


790〜810℃で2〜6 hに保ち,10−30℃/hで600℃以下まで冷却し,次いで空冷用炉から冷却する


(3)旋削:旋回リングは半製品製造工程であり,加工加工ともいえる。


旋削の主な目的は


(a)加工されたフェルールの形状は、最終製品の形状と全く同じである。


(b)研削工程に好適な条件を設ける。


旋削方法


集中化プロセス法1つの装置上の全旋削プロセスの完全な小バッチ生産


分散プロセス法1つの装置におけるある旋削プロセスの大量生産


4)熱処理:軸受の内部品質を向上させるためのキープロセスである。


熱処理の主な目的は


(a)熱処理により、材料の微細構造が変形し、機械的性質が向上する。


(b)軸受寿命を向上させるため,軸受内部の品質(耐摩耗性,強度,靭性)を向上させる。


高炭素クロム軸受鋼GCr 15 SiMnのために、熱処理は焼入及び低温焼戻し焼入を含む


加熱温度:820〜840℃の保持時間:1‐2 H冷却媒体:油低温焼戻し


加熱温度:150 - 180℃の保持時間


(5)研削:研削加工は最終的な軸受リング及びローラの加工である。


研削の主な目的は


(a)リングの寸法精度及び形状精度は設計要件を満たすことができる。


(b)軸受アセンブリのための有資格リング及びリングを提供する。


研削加工方法:一般的に分散処理方式を採用したり、複数の機器をローディング・アンロード装置を接続して生産ラインを形成し、生産効率を向上させる。


(6)軸受組立体:軸受組立工程の最後の工程であり,軸受性能に重要な影響を及ぼす。


ベアリングアセンブリの主な目的は以下の通りです。


(a)種々の工程で加工された部品(外輪、内輪、ローラ、ケージ)を軸受製品に組み付ける。


(b)種々の技術的要求に従い、各種精度、各種クリアランス等の軸受製品を組み立てる。


軸受の主な機能は、機械的回転体を支持し、その移動の過程で摩擦係数を減少させ、その回転精度を確保することである。シャフトを固定するために使用され、回転を達成することができ、その軸方向及び半径方向の動きを制御できることが理解される。ベアリングが全く働かないならば。シャフトがどんな方向にでも動くかもしれなくて、仕事がシャフトが回転できるだけであることを必要とするので。


We are supply hot sale self lubricating bearing and casting bronze bushing products, including slide bearing, wrapped bronze bearings, bimetal bearing, higher load bronze bushing, steel bronze plated bearing. Our products have been exported to many countries, which has created good domestic and international reputation.